日々是好日。

秋田でヨガレッスンをするミサトのブログです

体の柔軟性は人それぞれ

秋田は今日が竿灯祭りの最終日。
お祭り期間中ながら、昨日は親子で体験レッスンを受けにきていただいた方がいました\(^o^)/
 ヨガを初めて体験する、あるいは何回か単発で受けたことがあるという方は
これまで皆さん、体が硬いんですが…と心配されてくる方ばかりだったんですが
昨日来られた方は、お二人ともご自身では自覚がないのですが
とても体が柔らかく、それもいわゆる関節の可動域が広い、
そして靭帯が伸びやすい状態でした。
 ヨガをするのには体が柔らかいほうがいいと思われがちですが
そのまま充分に筋肉を働かせないでアーサナをとっていると
いずれ痛めてしまうことになりかねません(・・;)
 自分でチェックする方法ですが、手のひらを天井方向にむけて腕を前方に伸ばしきった時
通常は肘を曲げているところから180度までしかいきませんが
靭帯が伸びやすい人は180度よりさらに前腕(肘から下)が下がります。
 または直立している姿を真横から見た時、柔らかい人は膝関節が後ろに引っ込んで逆「く」の字になっています。
 これらは過伸展(ハイパーエクステンション)といわれ、靭帯が伸びきって骨同士も当たっている状態で、とても関節に負担がかかっているんです囧rz
  この状態を避けるには、本人が思うより気持ち肘や膝を曲げる意識。
見た目では分からない程度に曲げると
その周りの筋肉にかなり効いてきます!
 この過伸展は病気でもなければ異常なことではなく
ただその人の体の特徴であり個性です。
そういった自分の体の特徴を知った上でアーサナと向き合うと
より深めていくことができると思うし
その人その人のちょうどいいところで効果的に体に効かせていけるので
そういったところもレッスン中に意識してほしいですね〜^ ^
もちろん私が気づいたらアドバイスもしていきますよ!
こういう話をレッスン中に全部お話できればいいんですが
話してるとかなりの時間を費やしてしまうのでなかなかじっくりお伝えできずにいました(-_-)
でもとっても大事なことなのでもっと話していかないとなあと実感したレッスンでした(´・_・`)

※↑このブログは6日に書いたものです。